〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
< 最 新 記 事 >
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2006年09月10日

あまりにも知らない天皇家の件について

う〜〜ん、チョットいや、非常に残念に思っている、
今日の風のヤマオヤジです。

日曜日でもあるので、ビジネスからちょっと離れて、
気になる話を聞いてください。



「秋篠宮家に男子誕生」のニュ−スに沸く日本列島ですが、
継承問題であまりにも無知なコメントが多いので、
嫌われるのを覚悟で、日本人としてひとこと言わせて貰う事に
しました。


今日は、ネットビジネスの話は無いので、
イヤな方は仕方がありませんが、日本人として生きるなら
最低限の日本のルーツぐらいは、覚えて欲しいです。



今日は、記事にランキングは載せませんが、同感される方は、
サイドバーから応援お願いいたします。

m(_ _)m




女性天皇反対は、何も女性蔑視から言っているのでは
ありませんよ。

ちゃんと理由があるのですよ。

このブログを見てくれているあなただけでも、
正しい知識をここで仕入れてください。

m(_ _)m


そもそも

「女性天皇」と「女系天皇」の違いを知ってますか?


識者の中で、「女性天皇」に反対している人は、ほとんどいません。

ですから、「愛子様」が女性として「天皇」になることには
何の問題も無いのです。

問題なのは、その次の「天皇」のことなのです。


過去にも、「女性天皇」は「八人」現実に居た歴史があります。
物証もありますので、この件は疑いようがありません。


しかし、すべて「男系の女性天皇」だったのです。

しかも、男子の継承者が決まるまでのピンチヒッターとしてです。



では、何故「男系の男子」しか継承者になれないのか?

大きく分けて、二つの理由があります。


ひとつは

継承されている染色体が変わってしまう」ということ。

「染色体の組み合わせが変わる」ということは、

その時点で、継承が途切れる事を意味します。


世界中探しても、125代をつないできている王室は
日本の「天皇家」しかないのです。

これを無くす事は、世界の歴史の損失となるのです。


染色体を簡単に説明すると、

男性の染色体は「XY」

女性の染色体は「XX」

ですよね。


仮に初めの男性の染色体を「X1Y1」
女性を「XaXb」としましょう。

この二人に産まれる子供の染色体には、4パターンあります。


X1Xa

X1Xb

XaY1

XbY1


これを系統的に繋いでいくと、初代の男性の血筋は
男系でなければ継承できないことがわかります。


初めの男性の「Y染色体(Y1)」は、どんなに直系から
離れても男系の男子には必ず継承されます。


逆に女系では、同じ男性でも初めの「X1染色体」を
継承している人と、そうでない人が出てきます。


つまり女系では、初代の「神武天皇」の染色体を
継承していない、ということになるのです。


天皇の天皇たるゆえんは、「神武天皇」の血を、今日まで
受け継いでいる、ということに他なりません。



天皇家はこれを、125代をつないできているわけです。

2000年もの間をこれでつないできているのです。



先日の男子誕生のニュースは、世界中でも報道されましたが、
その時の報道の言葉は、ほとんどが「世界で一番長い歴史を誇る王室」
として紹介されているのです。

世界中の人々は、ここに価値を認めているのです。


知らないのは、日本人だけです。(苦笑)




そして「男性天皇」でなければならない、もう一つの理由は、

毎日の天皇家のご公務が、あまりにも過酷な為に、
女性では体力的に無理があるからです。

しかも、妊娠中は、そのご公務が出来ないと言う事があります。

毎日のことですから、一日たりとも欠かす事が出来ない
重要なご公務が、天皇家には課されているのです。


そのご公務が終わらない限り、どんなに深夜におよんでも
寝る事も許されては居ないのですよ。


ご存知ですか?



あなたは、「ご公務」と聞くと、国体に行ったり、赤十字に
出席したりと言う、外に出て行くことを連想すると思いますが、
そんなものは、ごく一部のことなのです。

しかも、赤十字に関しては、「ご公務」ですらありません。

あれは、純粋に天皇家の「ボランティア」です。


ですから、何も
「女性蔑視」で、男子の継承者を選んできたわけではないのです。


ここをくれぐれも誤解しないで欲しいのです。

出すぎた事は承知の上で、あえて言わせて貰ってます。




私はこの事を、実家の村の神社で教育されました。
小学生の時からです。

学校では、こんなことはタブーで教えてはくれません。


この頃は、まだそういうシステムが残っていたのです。
私の6歳下の弟は、このことをもう知りませんでしたから、
この間に無くなったと思われます。

日教組が活発になった頃と重なります。(この意味わかりますか?)


ここではこの件については、詳しくは説明できませんが、
単純に「女性蔑視」で決められたのではない事を、わかってください。


そして、日本の伝統とは、これを守っていく事で、
成り立つ文化だと言う事も、わかってほしいのです。


もし天皇家を廃止したら、もう世界は日本を相手に
しなくなるのは、明白なのです。

世界の識者がそう言っているのですから、間違いありません。




みなさんは戦後教育に騙されている事に、気が付くべきです。



現在学校で教えられている歴史などは、ウソだと気が付いて
欲しいのです。


日本の文化とは、目先の損得に流されない、普遍的なものです。


天皇家を、われわれ一般国民と同列に考えてはいけません。




「男女同権」などは、天皇家には関係ないことなのですから。




よく考えてください。



天皇家には「選挙権」すら与えられていないのですよ。

人権などと言う物も、天皇家には無縁の話なのですから、

「男女平等」とか「男女同権」とかいうものとは、
違う次元に生活しているのです。




わかりやすくいうと、

天皇家は、「日本の守り神」だと思ってください。

それが一番近い表現だと私は、思っています。



ながながと書きましたので、おそらく最後まで読んでくれる方は
いないかもしれませんが、


どうしても、最近の巷の誤解を看過できませんでしたので、
ここに、あえて書かせてもらいました。


何か反論があれば、どんどんコメントしてください。



この件は、あまりにも議論が少なすぎますから、
日本を大切に思うなら、堂々と議論しましょう!

posted by 風のヤマオヤジ at 12:30| 長野 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風のヤマオヤジさん

こんばんわ!

只今帰宅しました〜。

そしたら、熱い話題が。。。

う〜ん、これは難しい話ですね。

疲れた脳みそでは、コメントできませぬ〜。

なので、今晩はこれにて。

応援BOMB!!!
Posted by 喜三郎@風林火山アフィリエイト at 2006年09月10日 20:41
dandypapaです。
素晴らしい話を知る事できた気がします。
私は、単純に血が変わるため、
天皇は男子と思っておりました。
こんな深い歴史があるとは思ってなかったです。
それと「ご公務」がそれほどまで大変な事だとも思ってもいなかったです。
しかし、今回41年ぶりの男子誕生で、もっと、日本の歴史の勉強の中に取り入れたらと思いました。
日本の守り神 なんですね。
私の父の実家にも、写真が飾られていました。
40歳にもなってこの記事の内容を知らなかった自分がなんだか、はずかしく思えます。

また来ます。
Posted by dandypapa at 2006年09月11日 12:01
こんにちは。

そもそも『日本の象徴』という時点で、一般市民と同列ではないことに気づくべきですよね。

一般マスメディアの影響もあると思うのですが、天皇家を、そのへんのセレブ一族と勘違いしてる人があまりに多いように思います。

今回のヤマオヤジさんの記事は、人が触れないデリケートな部分ゆえに『知られていない事実』を浮き彫りにした、すばらしいものだと思います。

こうして自分が住んでいる国のことを知るというのは、とても大事だと思いますし、ある意味では義務だとも思います。

今日は、襟元を正すいい機会になりました。ありがとうございました!

       ホントは熱い涼クール
Posted by 稼ぐコツ!〜5億稼ぐ道〜 at 2006年09月11日 12:08
こんにちは、dannaです。
皇室に関しては、いろんな意見があるんでしょうね。
日本人だからこそ知っておきたい話ですね。勉強になりました。
応援、ポチッ。
Posted by danna【革命的収入構築ブログ】 at 2006年09月11日 12:38
こんにちは。紅です♪

今日の記事の内容は私も知っていました。
私も、神社で聞きましたよ。

だから、男子継承がとぎれないことは
大切なことだろうとは思いますが、
それをわかった上で・・・

秋篠宮さまが子供の性別を事前に聞かなかったことからも、「親にとっては、男の子・女の子は関係ない」と思っておられると思ったので、「男の子でも女の子でもいいのにね」的なコメントを他のブログでは
書いています。

秋篠宮さまご夫妻は、お子さま誕生を、世間一般の親と同じように、ただ純粋に喜ばれていると思います。

それを、生まれた瞬間から、「男の子でよかった!」ということが感じ取られる内容の報道ばかりされるのは、仕方ないとはいえ、反発を招くのもわかります。

義母も「女性天皇」と「女系天皇」の違いは知らずに、「なんでいけないの?」と言っていたので、それに対しては、私も風のヤマオヤジさんの言っていることと同じことを説明しました。

でも、今回生まれたお子さまに関しては
「男の子でも女の子でもよかったじゃん」って思います。(女の子だったら継承問題が出てきますが)

よくわからないコメントになりましたが(^^;>応援しときます。



Posted by 紅[楽しく育児しながら起業を目指す!2児のママのビジネス日記] at 2006年09月11日 14:08
まゆみん【・∇・】です

すごい話ですね〜
理科で習ったかも〜〜??

覚えて無いですが(;´Д`)

ぽちっ☆凸ヾ(ゝω・`)o

サイドバーぽちっ☆OK♪
またきますね♪
Posted by プチ贅沢したいネットで稼ぐ女週末社長の日記 at 2006年09月11日 17:18
こんばんは。

初めて知ったことばかりです。

男にこだわる点はそういう意味があったのですね。

では、応援。
Posted by 蓮夜 at 2006年09月11日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23467476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
このぺージのTOPへ↑
このぺージのTOPへ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。